Mitsu K Style

通常、Assy交換

H8年式・ニッサン ラシーンのオイル漏れという事で…ディスビのシリンダ取付け部のOリングを交換したんですが、その後、残念なことにシャフトのオイルシールからの漏れが酷くなってしまいまして…。

通常、ディスビシャフトからのガス抜け(オイル漏れ)の場合、Assyでの交換となります。
年式が古いこともあり、新品を付けるほどでも…中古だと同じ症状が出るかも…という事で何とか安く修理する事に。
オイル漏れ防止剤(ゴム膨張剤)も考えましたが…本当に止まるかどうか…。

で、

今回は、バラしてベアリングとオイルシールの交換です。
ベアリング&オイルシールは、実寸を測定し注文です。
IMG_1445.jpg

やっぱり…というか当然ですが、シャフトに摩耗があります。
ある程度磨いてみましたが、摩耗が大きいので、オイルシールの当たり位置を変えて取付けしておきました。
IMG_1446.jpg

元に戻し、エンジンスタート。
約30分ほどアイドリングしてみましたが、何とか大丈夫そうです。
しばらく漏れないで~!!





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinosuky.blog91.fc2.com/tb.php/891-e5af5b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad